社内管理に利便性を求める〜給与計算代行などで効率UP〜

オフィス

ITによる勤怠管理

PC操作

勤怠管理のIT活用によるメリット

職場における勤怠管理とは、給与管理の一環となる社員の労働時間や残業状況の把握などにおいて不可欠なものとなっています。勤怠管理に関する情報が曖昧なままでは、労使トラブルに至ったケースなどで、証拠として不充分だと見なされるケースも挙げられます。 従来、こうした勤怠管理は紙を使ったタイムカード式で行われるケースが多いとされていました。しかし出退勤時刻のみの表記である等、大雑把な時間の記録になりやすい他、後々の管理や照合に手間がかかる業務にもなっていました。 そこで、近年ではITを使い、よりリアルタイムでの労働時間管理や管理のミスが起きない様にする事が可能なシステムの導入が求められています。特に現在では、クラウド技術を使い、利用者側の手間を最小限にする事を可能とするシステムの開発も進んでいます。

クラウドを活用した管理における取り組み

クラウドを使った勤怠管理システムでは、主に導入コストや負担におけるメリットが挙げられています。 クラウドを使うと、利用者の端末からシステムに必要なソフトやツールなどをWebサーバから呼び出すだけでシステム利用が可能となります。このため、システムに必要なソフトを準備する時間やコストを抑制する事が可能です。またインターネット接続環境にある場所からなら、何処からでも利用する事が可能なメリットもあります。その結果、照合などの作業に必要な人件費を抑制できる点も挙げられています。 一方、クラウドシステムの導入における弱点も挙げられています。主なものとしては外部からの攻撃およびデータ破損に関するリスクとされています。仮にインターネット上に設置されたサーバのデータに障害が起きた場合、復旧が難しくなります。そのため、現在ではこれらの需要に備え、セキュリティやサーバ機能が強化されたデータセンターの設置・増設が進んでいるとされています。