社内管理に利便性を求める〜給与計算代行などで効率UP〜

会社

勤怠管理の主流

オフィス

勤怠管理システムをクラウド上で実施することが主流になっており、活用している会社も増えてきています。操作性に優れているためクラウドに抵抗を感じている人も簡単に扱うことができます。

View Detail

ITによる勤怠管理

PC操作

職勤務管理は職場では不可欠なものです。労働でのトラブルを防ぐために、最近ではITによる勤怠管理を行うシステムの導入が求められており、手間を最小限にするシステム開発も進んでいます。

View Detail

多くの情報

女性

社内でのスムーズな連携を取る為にはしっかりとした情報共有を行うことがとても重要だと言えます。情報共有をIT化して行うと、作業の時間短縮にも繋がり、多くのメリットをもたらすでしょう。

View Detail

システムを導入する

電卓

システムの刷新とERPパッケージ導入

システムの刷新に伴い、ERPパッケージの導入を検討する場合、データを一元管理できて、業務間でのルール統一や全社的に情報を共有できる意味でも、基幹業務である製造や販売管理から、会計や人事給与システムまでを総合的にERPパッケージでカバーすることが理想的です。 システムの刷新である以上、システムを大幅に見直す機会と考えるべきです。 しかし、業種や企業固有の商習慣とERPパッケージの仕様の間に大きな要件のギャップがある場合、業務要件に併せて大幅なカスタマイズをするか、あるいは、ERPパッケージの仕様に合わせて業務フローやルールを変更できるかを業務ごとに検討します。 そして、全ての業務をカバーすることができないなら、会計や人事給与に限定して導入するか、あるいは、導入を見送るかの意志決定の行なうことになります。

ライセンス料と年間保守料

ERPパッケージを採用するメリットは、比較的に短期間で導入できる点があります。追加開発やカスタマイズする範囲と工数によって増減するとしても、1からシステム開発することに比べれば、明らかに短期間での導入を実現できます。 つまり、開発費用が少なくて済みます。 ERPパッケージの導入にかかる主な費用は、追加開発およびカスタマイズの費用とハードウェアの増強部分の費用を除けば、ライセンス料と年間保守料です。 一般的な価格相場については、ERPパッケージの規模と導入側企業の規模によって異なります。 ERPパッケージが小規模なものであれば、ライセンス料は数十万円から数百万円、中・大規模であれば、数百万円から数千万円まであります。 導入側企業規模というのは、例えば、人事給与であれば従業員数で、会計システムであれば会社の売上高によって価格が変動する契約形態があることを意味します。システムを活用することで業務の円滑化が図れるのですが、その他にも給与計算代行サービスを活用する方法もあるので利用してみると良いでしょう。給与計算代行サービスでは給与から年末調整を計算してくれるもので、システムを使用するのが苦手な企業には向いているサービスです。給与計算代行サービスは勤怠や変動など基本データを送ることで代わりに計算してもらうことができ、適切な計算を行なってくれるので安心して任せられます。利用する給与計算代行サービスによって料金形態は異なりますが、10名だと月々5万円以内で依頼することが出来るところもあるので事前に確認しておくと良いです。